○○しながら食べるのは止めましょう

○○しながら食べるのは止めましょう

○○しながら食べるのは止めましょう

 

肥満の人に「ながら族」が多いのはなぜなのでしょうか。
「ながら族」とは、ラジオや音楽を聴きながら勉強をする子供たちのことを言っていました。
勉強に集中していないから、成績が悪くなるといわれ非難されていたのですが、近年になってその評価は変わってきました。
「ながら族」のほうが優秀な人間が多いというのです。
つまり、一度に二つの全く異なることをこなす能力があると言うわけで、脳をフル回転させることが出来てしまうということです。

 

しかし、こと食事に関しては全く良い結果は見られません。
「ながら食べ」をしてしまうタイプは食事の正しい摂取ができず、多くが肥満になってしまうからです。
物を食べ、正常に消化吸収してエネルギーに変えていくのは、すべて脳が指令をだしコントロールしています。
その仕組みは実に複雑に入り組んでおり、どこか一つが異常をきたすとその影響は全身に広がり健康を損なってしまいます。
TVやゲームに夢中になっている状態でとる食事は、脳にとって最悪の環境です。
美味しいもまずいも、どれだけ食べているのかも意識できない状況は、脳の複雑な栄養補給システムを停止させてしまうのです。

 

ちゃんと咀嚼もせず飲み込むような食事が良いわけはありません。
血糖値のコントロールが正常にできなくなり、ついには肥満そして糖尿病への道を歩み始めてしまうのです。