温度調節と水分補給で快適な入浴時間

温度調節と水分補給で快適な入浴時間

温度調節と水分補給で快適な入浴時間

 

入浴は、体の清潔を保つだけでなく、体を温めることによる血行促進、筋肉の緊張緩和、疲労回復、心身のリフレッシュなど様々な効果が期待できます。
入浴の時間も健康維持に役立ててはいかがでしょうか。

 

最近はシャワーだけで済ましてしまう人も多いようですが、健康を考えると湯船につかるのがベストです。湯の温度は42度を目安に設定すると良いでしょう。
湯の温度が熱すぎると、血圧の変動が大きくなるので、高齢者や循環器系の病気を持つ人は十分に気をつけるようにしましょう。
また、浴室や脱衣所の温度にも気をつけましょう。毎年冬になると、寒いところから急に温かいお湯に入ることで、温度変化により倒れてしまい、救急搬送されるケースが相次ぎます。

 

お風呂に入る前にはコップ一杯程度の水分を補給し、42度くらいのお湯にゆったりとつかり、十分に体を温めるようにしましょう。
また、入浴後にも水分補給は欠かせません。
長時間お風呂に入るのであれば、入浴中にも水分が補給できるように準備しておくと良いでしょう。30分入浴する場合には10分から15分に一回は水分補給をしましょう。

 

入浴後はカラダを冷やさないようにして、軽いストレッチなどをやると筋肉の緊張がほぐれやすくなります。睡眠前には汗をかくような激しい運動は避けましょう。

 

リラックスした状態で布団に入ると、入眠もスムーズです。